本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 011-813-0110

〒062-0907 札幌市豊平区豊平7条13丁目1番15号

署長あいさつ

豊平警察署長  佐々木 義文 (ささき よしふみ)  

           

 豊平区及び清田区の皆様、新年、明けましておめでとうございます。
 昨年は、犯罪抑止活動や交通事故抑止活動をはじめ、各種の警察活動に対しまして、深いご理解と多大なご協力をいただき、大変、ありがとうございました。
 令和2年も、地域の安全・安心の確保のために、署員一同、全力で業務に当たりますので、昨年同様、ご協力をよろしくお願いいたします。

 さて、1月は本格的な厳冬期となり、積雪などで道路が狭くなったり、路面状況が悪化して、交通事故の要因ともなります。
 そのため、除排雪作業が行われますが、除排雪が行われる道路などでの駐車は、除排雪の妨げになりますので、違法駐車や迷惑駐車はやめましょう。
 警察においては、違法駐車や迷惑駐車をなくすために、禁止場所における取締りを実施するとともに、長時間の路上駐車については、自動車の保管場所の確保等に関する法律違反として取締りを行います。

 また、冬道では、交通事故の多発も懸念されますので、次のことに注意してください。
○ 余裕を持った運転
  冬期間は、天候状況や積雪によって、目的地への到着が遅れることもありますので、事前に天候や道路状況を把握して、時間に余裕を持った運転計画を立てましょう。
○ スピードダウンと慎重な運転
  冬道では、スリップにより、正面衝突や単独による死亡事故が発生することから、スピードダウンと路面状況に合わせた慎重な運転に心掛けましょう。
○ 「急」のつく運転操作は危険
  冬道では、急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキといった「急」がつく運転は、大変危険であり、スリップによる交通事故につながりますので、止めましょう。
○ 交差点に注意
  雪山ができた見通しの悪い交差点においては、「車が来ているかもしれない」「歩行者がいるかもしれない」と危険を予測して、安全確認を徹底しましょう。
○ 悪天候に注意
  吹雪や大雪などの時は、吹きだまりや視界不良による立ち往生などの危険が伴います。
  このような天候の場合は、車での不要不急の外出は控え、やむを得ず運転しなければならないときは、事前に道路情報を確認するとともに、防寒具やスコップなどを車載しておくなど、もしもの場合の準備をしておきましょう。

                            令和2年1月
                            豊平警察署長 佐々木義文