本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 011-813-0110

〒062-0907 札幌市豊平区豊平7条13丁目1番15号

署長あいさつ

豊平警察署長  佐々木 義文 (ささき よしふみ)  

           

 4月は、新年度が始まることや、新入学や進学、就職など、環境や気持ちが新たになるとともに、冬から春へと季節が変化することで、人や物の動きが活発となります。

 それらに伴って、様々な事故や事件の発生も懸念されるところですので、次のことについて、注意をしていただきたいと思います。

 1つ目は、「交通事故防止」についてです。
 この時期は、新入学児童などを交通事故から守るために、交通安全思想の普及・浸透とモラル向上のために、「春の全国交通安全運動」が実施されます。
 実施期間は、4月6日(月)から15日(水)までの10日間ですが、本年のスローガンは、「見過ごすな 信じて挙げた 小さな手」です。(このスローガンは、令和2年使用交通安全年間スローガンにおいて警察庁長官賞を受賞した北海道の会社員 浅田健司さんの作品です。)
 この運動の重点は、次のとおりです。
 ① 子供を始めとする歩行者の安全の確保
   家庭や地域の大人が手本となって、基本的なルールやマナーを教え、交通安全意識を高めていきましょう。
 ② 高齢運転者等の安全運転の励行
   信号機や一時停止の標識などを見落とさないよう気をつけるとともに、ブレーキとアクセルの踏み間違いに気をつけましょう。
 ③ 自転車の安全利用の推進
   自転車に乗る時は「自転車安全利用五則」を守りましょう。
 ④ 全ての座席のシートベルトの着用
   自動車に乗ったら、全ての座席で必ずシートベルトを正しく着用しましょう。
 ⑤ 飲酒運転の根絶
   飲酒運転は絶対にダメ。道民一人一人が、「飲酒運転をしない、させない、許さない」という強い気持ちで北海道から飲酒運転を根絶しましょう。

 2つ目は、「自転車の盗難被害防止」についてです。
 例年、雪解けを迎えると、自転車利用が増えるとともに、自転車の盗難被害が増加しますので、被害防止のため、次のことに注意してください。
 ① ツーロック
   大切な自転車を盗難被害から守るため、自宅や駐輪場などでも油断することなくわずかな時間の駐輪であってもツーロック(前輪と後輪の両方に施錠をする)を行いましょう。
 ② 防犯登録
   万が一、被害に遭った場合でも、被害回復の可能性が高くなる「防犯登録」を自転車販売店などで行いましょう。

 3つ目は、「山菜採りによる事故の防止」についてです。
 例年、春先には、山菜採りにおける道迷いや滑落等の遭難が多発していますので、山菜採りを行う際には、次のことに注意してください。
 ① 家族に行き先と帰宅時間を知らせておきましょう。
 ② 単独での入山を避け、仲間とお互いに声をかけあいながら行動しましょう。
 ③ 白や赤、黄色等、遠くから目立つ色の服を着用しましょう。
 ④ 万一に備え、携帯電話、非常食、飲料水、防寒着、熊鈴、笛などを携行しましょう。
 ⑤ 山中で迷った時は、慌てず落ち着いて行動しましょう。

 現在、新型コロナウイルスに乗じた詐欺手口が確認されていますので注意してください。
 ① 偽サイトに関する手口
   スマホや携帯電話に「マスクを無料送付する」旨の偽のショートメッセージが送られ、宅配業者を騙った偽のサイトに誘導される。
 ② 悪質なショッピングサイトに関する手口
   マスク販売などの偽のショッピングサイトにおいて、代金を支払っても商品が届かなかったり、会員登録時の個人情報やクレジット情報等が盗み取られる。
 偽ショートメッセージに騙されて偽サイトにアクセスしたり、偽サイト上で、個人情報等の入力や代金の支払いを行わないようにしましょう。

                            令和2年4月
                            豊平警察署長 佐々木義文