本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 011-813-0110

〒062-0907 札幌市豊平区豊平7条13丁目1番15号

署長あいさつ

豊平警察署長  佐々木 義文 (ささき よしふみ)  

           

 6月は、穏やかな天候にも恵まれ、札幌の初夏の一大イベントである「YOSAKOIソーラン祭」が盛大に行われました。
 当署においても、6月9日、平岸会場における交通規制や雑踏警備などを行いましたが、皆様方の御理解と御協力により、大きな事件や事故もなく、無事に終了することができ、安堵しているところです。
 これからの時期は、色とりどりの花が咲き乱れるなど、晴れやかな気分となりますが、6月14日には、当署に北星学園女子中学高等学校の生徒さん達が「花の日」にちなんで、花束を持って来訪され、私どもに日頃の活動に対するねぎらいの言葉をいただき、大変、恐縮したところです。
 折角の来訪でしたので、当署の女性警察官と座談会を開かせていただきましたが、生徒さん達の夢や希望を聞いて、一同が感動したり、生徒さん達からの鋭い質問に、署員がどぎまぎする場面もありました。
 生徒さん達からは、「警察は怖い印象があったが、会ってみて優しいことが分かった」などの感想があり、我々は、地域の皆様が、安全で安心に暮らせるように全力を尽くさなければならないと決意を新たにしたところでした。

 さて、7月11日(木)から20日(土)までの10日間、「夏の交通安全運動」が行われます。
 この運動の重点は、「飲酒運転の根絶」「子供と高齢者の交通事故防止」「スピードダウンと居眠り運転の防止」の三つであり、7月13日(土)は、「飲酒運転根絶の日」となっています。
 7月13日は、平成26年(2014年)、小樽市で女性3人が亡くなった飲酒ひき逃げ事件があった日であり、この事件を忘れず、同じことが二度と繰り返されないために、「北海道飲酒運転根絶に関する条例」において「飲酒運転根絶の日」として定められました。
 飲酒運転を根絶させるためには、地域の一人一人が、「飲酒運転をしない、させない、許さない」という意識を強く持ち、実践することが必要であると考えますので、皆様の御協力をよろしくお願いします。
 また、交通事故の発生状況をみると、豊平警察署管内では、車両と自転車による交通事故が続発しております。
 事故の形態としては、車両が交差点を進行するとき、あるいは、道路外の施設等に出入りするときに、走行する自転車と衝突する事故が多く発生しています。
 このため、車両を運転する皆様には、交差点を進行する場合や歩道を横切る場合には、確実に一時停止や徐行などをして、自転車や歩行者の動きを良く確認して、事故を未然に防止して下さい。
 また、自転車を利用する皆様には、自転車に乗っても、信号や一時停止などの交通ルールをしっかり守っていただくほか、自動車や歩行者などの動きをしっかりと確認して、交通事故に遭わないようして下さい。

 これからは、学校が夏休みとなりますが、子供達は、開放的な気分から非行に走るおそれがあるほか、犯罪の被害者となる可能性もあります。
 子供達を非行や犯罪被害から守るために、保護者の方々は、次のことに注意して下さい。
 1 非行防止は家庭から
   子供達が善悪のケジメを持ち、社会のルールを守るには、最も身近な社会である家庭における教育や指導が重要です。
 2 兆候をいち早く把握する
   「行き先を告げずに外出」「帰宅時間が不規則」「夜遊びや外泊が増える」「隠れて長時間携帯電話を使う」「知らない人からメールが届く」などは、非行や犯罪被害の兆候です。
 3 携帯電話にフィルタリングサービスを
   子供達が使用する携帯電話が有害なサイトにアクセスできないようにフィルタリングサービスを利用することが必要です。

 現在、北海道警察官の採用試験受験申込みの受付が行われております。
 9月16日(月・祝日)に実施される北海道警察官採用第一次試験の受験申込み受付は7月1日(月)から8月20日(火)までとなっています。
 採用第二次試験は、10月中旬から11月上旬に実施されますが、この試験に受かると、令和2年4月以降に警察官として採用されます。
 警察官を目指している方、知人に警察官になりたい人を知っている方など、詳しい情報を知りたい方は、豊平警察署又は北海道警察本部採用センターにお問い合わせ下さい。


                            令和元年7月
                            豊平警察署長 佐々木義文
                                                       平成31年4月
                     令和元年6月