札幌方面豊平警察署サイトトップ
豊平署トップページ > 豊平警察署の紹介のページ
サイトマップ
警察署紹介のページです
刑事のページへ
生活安全のページへ
交通のページへ
地域のページへ
警備のページへ
会計のページへ
警務のページへ
よくある質問のページへ

 豊平警察署の紹介   


豊平警察署前の写真

りんご帽子の「豊ひこ」です白旗山帽子の「清ひこ」です 

豊平署マスコットキャラクター「豊ひこ&清ひこ」ロゴ

 沿革    

 豊平警察署は、昭和23年3月、豊平町警察署の発足に始まり、昭和29年7月、自治体警察の廃止に伴い、東警察署管下の豊平(後の月寒)警部派出所となりました。
 昭和44年11月、南警察署の開設により豊平区は南警察署と東警察署(現 白石警察署)に分割して管轄された後、昭和53年12月1日、豊平区と広島町(現 北広島市)を管轄区域とする道内66番目の警察署として開設、平成13年4月には厚別警察署の新設に伴って豊平区と清田区を管轄区域として現在に至っています。

 管内概況    

 豊平警察署は、札幌市の南東部に位置し、中央、南、白石、厚別の各警察署に隣接し、総面積は約106平方キロメートル、人口は約33万人(平成25年7月1日現在)です。
 管内は、本道随一の交通量を有する国道36号線が縦貫し、ほかに国道453号線及び札幌環状線、羊ヶ丘通りなどの道道が主要幹線を形成しています。また、管内は文教地区で大学が多く、約1万5000人の若者が集うほか、札幌ドーム、道立総合体育センター(北海きたえーる)など動員数の多い競技施設が所在します。
 札幌市内の豊平区・清田区の位置

 署訓    

融和団結 一歩前進


 豊平警察署の情報

 ●  アクセス(周辺地図・連絡先)
 ●  管轄区域
 ●  署長挨拶

 ●  豊平署マスコットキャラクター「豊ひこ&清ひこ」
 ●  豊平署ニュース
 ●  豊平署のできごと
 

このページのトップへ戻る
          
 当サイトに掲載する写真・イラスト・記事などの無断転載を禁じます。